農家、たまにはまったり行きましょう


by bqvawai3fo
 総務省が在京の民放キー局5社に対し、女子中学生の自殺報道の内容を照会していた問題で、日本民間放送連盟の広瀬道貞会長は18日の定例会見で「行き過ぎで大変遺憾」と批判した。

 広瀬会長は自民党政権時代、与党の意思をくんだ省庁側が番組内容について局に問い合わせることがあったことを指摘し「政権が交代し、あるべき姿にするチャンス」と是正を求めた。

 照会は5日、総務省地上放送課の担当者が「写真や遺書を公表しない」など「世界保健機関(WHO)」の勧告に基づいてメールで行ったが、その後すべての照会を撤回した。【栗原俊雄】

小林議員、月内に進退判断か 北教組への関与は否定(産経新聞)
「これが健全な組織か」 生方氏、解任不服申し立ても(産経新聞)
<プルトニウム>電事連や原研 保有量公表(毎日新聞)
公立病院医師ら書類送検=薬誤投与の疑い−青森県警(時事通信)
六甲山がミュージアムに 大自然と現代美術味わって(産経新聞)
[PR]
# by bqvawai3fo | 2010-03-23 09:57
 離島医療に奮闘する医師の人気マンガ「Dr.コトー診療所」のモデルとなった鹿児島県薩摩川内市・下甑(しもこしき)島の手打診療所長、瀬戸上健二郎さん(69)が、地元の要望を受けて定年を再延長し、来年3月まで“続投”することになった。

 瀬戸上さんは鹿児島市の病院外科医長から78年、下甑村(当時)の手打診療所へ赴任。67歳となった08年3月に定年退職するはずだった。だが、続投を望む島民の声が強い上に後継者難もあって、市が1年更新・最大3年間の勤務延長を要請。2年連続で更新を引き受けていた。【馬場茂】

【関連ニュース】
12月号
パンデミックに挑む:中沢靖さん=東京慈恵会医科大講師
特集ワイド:’10シリーズ危機 医療/下 対談・鎌田實さん×足立信也さん
検証・第三の都市:’10上田市長選/上 地域医療 /長野
東金市:10年度当初予算案 一般会計は174億7000万円 /千葉

家族3人、放火殺人容疑=35歳の長男逮捕−徳島(時事通信)
<ローソン>子会社元専務らを告発 特別背任の疑いで(毎日新聞)
<横転フェリー>4月中の撤去完了不透明に 解体業者会見で(毎日新聞)
民主は今年で消滅? 首相、結党時に「時限政党論」(産経新聞)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(3)混合診療「なぜ自己負担」(産経新聞)
[PR]
# by bqvawai3fo | 2010-03-18 21:50
 【政治とカネ】
 −「政治とカネ」は、どう問題の種を取り除くのか。
 首相はこれも早かった。「幹事長と(会談を)セッティングしろ」という指示を僕が受けて、「企業・団体献金(禁止)をやる。協議機関をつくってくれ」という指示だから。
 −小沢氏を続投させ、参院選で指揮を委ねることが、政権の首を絞めることにつながっているのでは。
 そういうことは全くゼロではないと思うが、少なくとも小沢さんに(刑事責任が)かかったなら、首相だって(続投して)いいとは言わない。
 【連立政権運営】
 −社民党との政策のずれが表面化している。
 3党合意という、やや玉虫色的な文書をつくって連立を組んだわけで、具体的な細部に来ると主張が違うのは、政党が違うから仕方がないと思っている。
 −普天間問題でも、県内移設はだめと言っている。
 連立は大事だが、基地問題はやはり日本の安全保障の問題なので、そのことを軸にどうあるべきか。その上で米軍との関係を整理して、地元の理解を得るということじゃないといけない。3党合意の中にも普天間の見直しとは書いていない。
 −沖縄の負担軽減のことは書いている。
 だからわたしは、一貫してそこを共通軸に見いだしながら言っている。県内絶対反対というのは連立合意の領域からは違う。 

【関連ニュース】
離脱の是非、判断は時期尚早=福島社民党首
原発推進明記で調整へ=温暖化対策基本法案
決着先送りなら連立離脱も=普天間で国民新・下地氏
連立政権に火種次々=普天間、外国人参政権…
参院予算委の詳報

<将棋>羽生王将が久保棋王降す 王将戦七番勝負第5局(毎日新聞)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(2)「金の切れ目が命の切れ目」(産経新聞)
<日米密約>首相経験者らに招致呼びかけへ(毎日新聞)
トマホーク再積載ない 岡田外相が明言 (産経新聞)
<衆院委>高校授業料無償化法案を可決(毎日新聞)
[PR]
# by bqvawai3fo | 2010-03-17 07:52
 民主党の山岡賢次国対委員長は9日、国会内で開いた党国対会合で、子ども手当創設法案と高校授業料無償化法案について「12日の衆院本会議で採決する方向で進めている」と述べた。2法案は民主党が昨年の衆院選のマニフェスト(政権公約)に掲げた目玉政策。12日に衆院を通過すれば年度内の成立の公算が大きくなる。

【関連記事】
菅財務相、子ども手当満額支給確約できず 開き直りも
マクロ視点で公約見直せ 財務相の消費税発言は本気か
“参院民主の乱” 「公共事業止めるな」 子ども手当「評判悪い」
高校無償化で社国、朝鮮学校除外反対で一致
高校無償化 大阪朝鮮高が会見「民族差別あからさま」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

協議機関への参加検討=政治とカネ、小沢氏らの招致前提−自民幹事長(時事通信)
日中文通クラブ、ネットに勝てず 日本側の参加者激減(産経新聞)
子ども手当法案衆院委可決「買収だ」…自民総裁(読売新聞)
医療機関の倒産、2月は4件―帝国データ(医療介護CBニュース)
「話聞かない」弟と殴るける…夫が死亡(読売新聞)
[PR]
# by bqvawai3fo | 2010-03-15 14:03
 宇都宮東署は5日、茨城県古河市下大野、会社員大久保正明容疑者(35)を窃盗の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、大久保容疑者は5日午前11時30分頃、宇都宮市の県道近くでパトカーを盗んだ疑い。

 大久保容疑者はパトカーを盗む前に、盗んだとみられる乗用車を運転して追突事故を起こし、追突された乗用車は対向車線の乗用車に衝突した。この事故で、追突された車の助手席に乗っていた宇都宮市上田原町、無職直井透さん(66)が全身を強く打ち間もなく死亡、運転していた妻のパート従業員由美子さん(64)も首などの骨を折る重傷を負った。正面衝突された車の女性(51)も軽いけが。

 パトカーは、宇都宮東署の男性巡査部長(32)が運転。偶然、近くを通りかかり、3人の救護のためパトカーを離れた際に盗まれたという。

 大久保容疑者はけがをしておらず、調べに対し当初、意味不明な言葉を話していたが、5日夜には「パトカーを盗み悪いことをした」などと供述し始めたという。3日に行方が分からなくなり、母親が茨城県警古河署に捜索届を出していた。

 宇都宮東署の本田洋一副署長は「パトカーが盗まれたのは残念だが、警察官が救護措置を優先したことは適切な対応だった」と話している。

<秋篠宮さま>タイ、ラオス私的訪問へ(毎日新聞)
捜査情報漏らし金品受領の疑い=奈良県警、警部補ら捜査−退職願提出、近く処分(時事通信)
黒澤明財団、寄付金3千数百万円が不明に(読売新聞)
イラン制裁で連携 岡田外相が米国務副長官と会談(産経新聞)
過去の雪渓崩落事故、データベース化…新潟大(読売新聞)
[PR]
# by bqvawai3fo | 2010-03-11 10:49